研究会について

概要

電気音響研究会と応用音響研究会は、電気音響(Electroacoustics)と応用音響(Engineering acoustics)に関する科学的・技術的な研究発表・討論・情報交換の場です。両研究会とも、その英訳から、EA研究会、EA研または単にEAと呼ばれています。

電気音響研究会は一般社団法人 日本音響学会 電気音響研究委員会により、応用音響研究会は一般社団法人 電子情報通信学会 応用音響研究専門委員会により、それぞれ運営されています。両研究会は、原則全て、電気音響研究会と応用音響研究会の共催です。なお、他の研究会と更に共催や併催の場合には、スケジュールやプログラムに記載し、お知らせしております。

参加方法

研究会への参加は、当日の受付のみで、事前の申込は不要です。当日、会場まで直接お越しください。また、参加費は無料です。なお、事前の申込が必要あるいは参加費が有料の場合には、スケジュールやプログラムに記載し、お知らせしております。

研究会資料(電子情報通信学会技術研究報告、略称:信学技報)は、当日、ご希望される方に、現金のみでお分けいたします。資料代は、開催月ごとに、また、会員・非会員の別で、それぞれ異なります。詳しくは当日資料代のご案内をご覧ください。(おおよそ2000円前後です。)なお、年間予約もございます。詳しくは年間予約のご案内をご覧ください。(研究会に参加された場合は会場にてお渡しいたします。参加されなかった場合は開催月の翌月にお送りいたします。)また、発表者の方には、無料で、1冊進呈いたします。

発表申込方法

電子情報通信学会 研究会発表申込システムからお申し込みください。
詳しくは投稿方法のご案内をご覧ください。

お問い合わせ

お問い合わせは幹事、幹事補佐までお願いいたします。